デリケートゾーン痒くなる病気!実は不潔が原因なのが一番多い?

ムレや汗が一番多い

 

デリケートゾーンが痒くて困っている人は少なくありません。
小林製薬の調査では2人に1人がデリケートゾーンのかゆみに悩まされています。
そしてその8割の人は誰にも相談していません。

 

デリケートゾーンがかゆくなる病気

 

デリケートゾーン痒くなる病気はどんな病気があるんでしょうか。
それとも病気ではないのでしょうか。

 

ムレや汗が一番多い
まず一番においのは病気ではないかゆみむれや汗によるもの
実は一番多いのは不潔にしているということ

 

デリケートゾーンは複雑な構造していて下着やナプキンで、いつも湿った状態が続いているので、普通にお手入れしているだけではどうしても不潔になってしまうのです。

 

それで自然と湿度が高くなり暖かいので雑菌が繁殖してしまい、かゆみやにおいないなどのトラブルを起こしてしまいます。

 

 

次に多いのはカンジダによるもの

これは生理的なかゆみ不潔にしてる時のかゆみとは違って激しいかゆみです。そして外陰部が真っ赤になり酒粕状のおりものが出てきます。このおりものがおかしくなるという点と外陰部が真っ赤になるという点がむれや汗で起きるかゆみと違うところか意味と違うところ

 

カンジダ菌はむれているところが大好き、つまり女性の外陰部は隙があればカンジダ菌がはびこりやすいということなのです。

 

 

ところでカンジダはどこから感染するんでしょうか。
性経験がないのにどうして発症するのでしょうか。

 

それはカンジダが性感染症ではなく普段からデリケートゾーンに住んでいる菌だからです。

 

体が疲れ疲れている時は生理の前や抗生物質を使っている時など免疫力が落ちている時にいつも住んでいるカンジダ菌が増殖してかゆみを引き起こします。

 

性感染症によるかゆみ

最後はデリケートゾーンのかゆみというキュート一番みんなが心配する性感染症です。例えば膣トリコモナス症悪臭を放つおりものが出たり排尿時に痛みがあったり外陰部がかゆくなります。これは雑菌ではなくトリコモナス原虫という虫が繁殖することでおきます。

 

性器クラミジア

クラミジアは最近増えている性感染症のひとつで特に若い人に感染が多いです。しかし症状が少なく感染していることに気付かずパートナーにうつしてしまうこともあります。

 

女性の場合は実に感染しますが、男性の場合は尿道に完成します。感染します放置していると卵管炎や周辺周辺の感染症などを引き起こす病気です。。

 

 

淋病による感染

淋病でも少し痒みと痛みががあります。
一番多く流行している症状の一つで男性から女性女性から男性に移し合います。抗生物質で治療しますが、耐性がついている菌が多くなってきていてペニシリンが効かない場合もあります。

 

性器ヘルペス
性器ヘルペスは急性型と慢性型の二つの種類がありますが、一度かかってしまうと体にウイルスがが潜伏し疲れた時は免疫力が低下したときに再燃します。
デリケートゾーンのかゆみや水泡ができます。

 

 

股間部白癬

俗にいういんきんたむしのことで太ももから陰部にかけてできる水虫のことです。周囲に広がってかなりのかゆみがあり若い人に多く発生しています。抗真菌剤を使えば1か月程度で治ります。しかし色が黒ずむなどの色素沈着が起こってしまうことが多いです。

 

参考になるサイトでした。
まんこの黒ずみ改善!黒ずみクリームなら早くピンクにできる!


臭いケアグッズランキング タイプ別おすすめグッズ